自動車を所有しているあなたは分かっていると思いますが自動車税というものを支払う義務があります。それでこれは査定に出す中古車の買い取りの際に一般に戻ってくる税金なのです。これって実際実行すると頭に入ってきますがでは最初から順番に簡単に説明していきます。念のため補足すれば日本で生産された車だけに限らずドイツ車も税が返還されることに決まってます。当然ですが愛車についてもそうですね。自動車税というのはクルマを持っている人が払わなければいけないお金なのですが、税額は自動車の排気量で決定されます。1リッターより低いのであれば29500円となり、1リッターより上で1.5リッター以下までなら34500円になります。これからは500ccごとに5000円ずつ増えていきます。それからこの金額は4月1日の時点の保有者がその年度の金額を納付する決まりです。要は前払いということですから当然愛車を売ってしまって、所有権を手放した場合には先払いした分のお金は還付されるということです。この自動車税というのは先払いで以後一年分の金額を納めますから、年度内に愛車を売ったときは、入れ替わった保有者が自動車税の納付義務を負うのです。売却相手が買取専門店なら引き取り時に自分が支払いすぎた税金を返還してくれます。まとめると、所有権を手放した時以降の税額は新たな所有権を持った人が納付義務を負います。もし10月中に愛車を買い取ってもらった際は11月から翌年3月いっぱいまでの払ったお金は還付されます。というのは、前述の通り自動車税という税金は先払いであるという事実からもわかります。要はあなたは買い取った相手に払いすぎた税金を返還してもらうということなのです。業者を介さずにクルマを売却する場合には意外とこのような知識を忘れている方がよくいるのできっちり忘れないようにしなければなりません。自動車税という税金は自動車を売却すると還ってくるという知識をあまり知っている人が少ない事をいいことにそのことを隠す悪徳業者もあります。自分から税金についての話をしなければ一切そのことには触れないということもしばしば聞きます。ですので愛車の買い取りを依頼するさいには払いすぎた税金が返還されることをチェックすることを怠らないようにしなければなりません。