とうとうエントリーする時という場面では、第一に下調べをしなくてはいけません。売買を始める前であるとすれば、その物を合理的に観察する事ができる余裕があります。だが、いったんマーケットの内部へ踏み込んでしまうと、どう試みても見え方が偏ったものになる場合があり、時々真っ当な判断が分からなくなる危険があります。その分自分の頭が客観的な状況で間違いない事前準備をしておくことが不可欠です。この”準備”とは、はじめは己のシナリオを作る事からスタートする。マーケットはこうなるだろうから、NZドルを買う(あるいは売る)というように、あなたなりの台本を書いていきます。その次は為替チャートを確認しましょう。それまでの為替レートの値動きを調べて、今現在の相場を確認する。そうすると、「現時点では結構低すぎるレベルだ」他には「今となっては大方の方々が売買しているからこの先急に取引してもすでに遅いな」ということが判断できます。もちろん今となっては売買するのがやりようがないと思ったら、売買しないで、それは諦めることが重要です。どう工夫しても自分のシナリオを押し通そうとして、吹っ切らずに売買すると、市場に跳ね返されてしまいむしろ損害を受けることになります。そうは言ってもかなりのケースで、事前に準備しているストーリー展開を思い描いていれば、売り(または買い)が間に合わないなというケースにはならないと思います。現実に外国為替市場が上げ下げする前の状態のはずです。次は、差し当って売り買いしようとしている外貨の変化をしっかり確かめる事が大事です。仮定として円安が進むはずだという台本を考えたのであれば該当する外貨の変化に注目する事が大切です。外国為替市場の変化を確認し始めた段階ではまだ該当の通貨は目立って変化する様子を見せないで、上や下に多少の動きをしているだけでしょう。しかし、その変動を正確に注目しているとある地点で確実に円安へとマーケットが向い始めます。この場面で初めてドルの取引します。おおむね、ここまで計画的に事前準備を考えておけば、そのトレードで勝利する率は比較的高まります。