特定調停も任意整理による処理とほぼ同じく、それらの債権を持つものに返済を続けることを前提とした借金整理の方法のことです。分かりやすく説明すると裁判所が行う負債整理となります。この手順も任意整理と同じように、破産宣告とは異なり一部のお金だけをまとめることが可能なため他の保証人が関係している借入金を除き処理していく際やマンションのローン以外だけを手続きをする際などでも検討することも良いですし全ての財産を処分する必要がありませんのでマイカーや土地などの個人資産を所有しているものの手放してしまいたくない場合などでも選択肢になる借金整理の手順といえるでしょう。しかしながら、手順を踏んだ後の返済金額と可処分所得を検討しある程度返済の計画を立てられるようならばこの方法で方法を選択するほうが良いですが、自己破産と違って負債自体がなくなってしまうわけではありませんので借入金の総量がかなりになるような場合は、実際的にはこの選択をするのは難しくなるということになるでしょう。また、この特定調停は公的機関が間に入るため専門家に依頼しなくてもリスクが増えるようなことはないことや手続きの諸費用を減らせるという点は注目できますが債権者からのわずらわしい取り立てに対し説明していくことになる点や、実際の裁判所に幾度も顔を出す手間がかかるなどといったデメリットもあります。くわえて、任意整理による解決と比較すると最終的に解決できないといった場合は金利をそのまま付けた額で渡していかなければいけないといったことや最終的には債権者に対し返済する合計額が任意による整理と比べて高くなることが多い等の覚えておきたい点もあります。