直接でないクレジットの仕方は簡明です。カードによって直に支払えない販売品をそのまま買うという手法ではなく遠まわしに購入するのが良いのです。表現が簡素という理由で、先に金券のケースを駆使して解説してみたいと考えます。例になる人がブランド服を使いたいと思っているようです。その価値のある服を取り扱っている店舗では購入したくてもクレジットカード使用で取引することが許されていません。けれどもVISA、MasterCard、Diners clubなどの券を用いるなら許容してくれるようなのです。という事でモデルになる女性はクレジットカードで商品カードを取り寄せしてしまって金券販売店におもむきカードを使ってVISA、MasterCard、NICOSなどののギフト券を注文しました。そのあと利用したクレジットを用いて取引したNICOSなどの商品券を店に携えていき欲しかった有名なアクセサリーを注文したとします。「なんでギフト券で購入した人物はそういった負担のかかる方法をする必要があるの?」と疑問に思う事もあるかもしれませんが、実のところ先ほど示したやり方を利用すると本来は貯まることのないクレジットカードポイントが得られます。普通に、金を払って高価なカバンを注文したとした場合ローンポイントは得られませんしAmerican Express、Diners clubなどのギフト券を金で買い付けしてから利用してもクレジットポイントは得られません。しかしこの事例ではJCB、American Express、Diners clubなどの商品券をカードで注文したという根拠で価値のある財布を買った時と同じ分のクレジットポイントが貯まるのです。こういう状態が段階を踏んでローンを運用した事になるという根拠で直接でないクレジットと銘打たれている手法です。