車保険の中に代理店方式の自動車用保険と呼ばれるものがあることを知っている方は多いでしょう。代理店式マイカー保険というのは、保険会社とは別の店を訪れてマイカー保険の申し込みをするカー保険をいいます。それで、代理店方式の自動車用保険にはどういうメリットと弱点があると思われますか?代理店経由のマイカー保険の何よりのメリットはクルマ保険の上級者に質問可能という点です。自動車用保険を自分で決めようとした場合、専門の言葉が解読できなかったりどの種類の補償が不可欠であるか判断できないことがほとんどです。かつまた保険の学習をしてからカー保険を分析しようとしたところで、かなりハードな勉強が要求されることになるでしょう。余力がある人なら適切かもしれませんが仕事をこなしながら保険の専門知識を記憶してゆくことに関しては大変ですし、またひどく煩わしい作業になります。とはいえ、代理店型車保険においては自動車保険の事前準備がゼロでも、担当者がアドバイスをくれるために、本人が何かを身につける義務が無いと言えます。そして多種多様な質疑応答が可能ですから本当に加入者に適切な保険に決められる可能性が高いです。他方代理店式カー保険の弱みは限定されたマイカー保険の中からしか自動車用保険をセレクトすることが不可能なことと、金額の増大が大きいです。原理的に代理店側は、店が扱っているサービスを売り込んでくるから指定の車保険企業の中から保険を選定しないといけません。それゆえ選択先がどうやっても狭くなってしまうというデメリットに注意しましょう。また代理店を通していることが理由で、費用が増大するという問題も知っておきましょう。