クレジットの強制退会と言われるものは名前の通り有無を言わさずにクレジットを失効(停止)されてしまうことを言います。失効になってしまうと当然ですがそのクレジットカードがその時点より先は一切利用不可になります。失効となってしまう原因は多岐に渡る>カードを有無を言わさずに失効扱いとなってしまうケースは色々あります。一般的に日々の支払いで決済するなど特別なことなくクレカを利用している限り、あなたが没収させられる原因というものは十中八九ないはずですので心配しないで頂きたいと思いますが、強制失効となりかねないケースというものを頭の片隅に留めておくことをすればクレジットカードをもっと安全に使用できる形になると思うためここではパターンのひとつの例をピックアップして記載したいと思います。言えることはクレジットカード発行会社に対して信用を失ってしまう振る舞いをしてしまうことであったりクレジットの会社にマイナスとなってしまう行為をしないでおけば絶対に強制没収はないと思われます。安心して使用できるということが一番でありますので該当する類のことをしたことのおありの方は、今後十分信用してもらえるデータになるよう考えて欲しいと思います。クレジットの請求を返さない→こういったものもう言わずもがなのお話ではあるのですがクレジットで購入した請求額をカードの会社に支払いをしない費用の踏み倒しを行ってしまう、または常に借入のため請求額の支払いが滞るようなケースには、強制没収という扱いになってしまうでしょう。元を正すと発行会社は利用者を信頼してカードを契約させているわけですから弁済を実施しない場合には信用性は完全に壊れてしまうのです。結果として、クレジットカードを没収することによりそれ以上の損害拡大を防ぐ対応をしなくてはいけないために、失効になってしまいます。