外国為替市場介入(為替介入)というのは聞いた事がありますか?日銀が外国為替市場介入(為替介入)をして新聞記事、雑誌、TV、グーグルの情報で確認した方もいると思います。そもそも為替介入というものは我が国の場合、・大臣(財務大臣)為替の相場の安定性を保てるように遂行する戦略として見なされています。簡潔に言えば、急激な円高、円安が起こると財務大臣のお達しにより中央銀行(日本銀行)円の売買をして円相場を安定化させる、といったものです。為替介入(外国為替市場介入)は種類があります。1.単独介入・・・行政もしくは中央銀行(日本銀行)が東京での市場において自主的に市場に入って来て介入をする。2.協調介入・・・複数の通貨当局が協議しそれぞれの通貨当局の資金を駆使してみんな一緒にまたは随時為替の介入を行なう。3.委託介入・・・他の国の銀行などに外国為替市場介入(為替介入)を任せる。4.逆委託介入・・・日本銀行が外国の銀行などに成り代わって為替介入(外国為替平衡操作)を遂行する。こんな種類です。いずれのやり方の為替介入も一時的に、連続的に為替に大きい効果を与えるでしょう。為替介入(外国為替平衡操作)のお金はさすが自分の国の面子をかけて行なうのですからスケールが大きいです。円を元に考えると、日頃はほんの少し変化する相場が唐突に数円ずつの変化をします。個人の投資家の人でしたら体験していると思うのですが、それまでは問題なく利益(または含み損)が増えている保有高を持っていたのに、ポジションが決済したといった情報がFX業者よりEメールが来ました。どのくらいの儲けかな(赤字になったのか)?と思いつつ決済データを確認すると自分の中で見込んでいた結果とは逆の事になっていて驚いたとの事例があります。為替介入(外国為替市場介入)が行われた時によくあることです。介入が行なわれることで、為替市場の傾向と真逆の動きをすることがわかります。まして変動する金の範囲はかなり大幅に動きますので用心が必要なのです。